大切な思い出を残したいなら利用しよう!前撮りをするときのポイントについて紹介します

このサイトでは、前撮りをするときのポイントをご紹介します。
まず、初めての方でも安心出来る、スタジオの選び方や撮影に臨む際のポイントなど、イベントのまえに記念写真を撮影する際に役立つ情報をわかりやすく解説します。
次に、ずっと後まで残る記念写真にふさわしい「映える」衣装選びのポイントについてご紹介して、最後に、今七五三の記念写真を事前に撮影するのが人気になっている理由はなぜかという事を紹介していきます。

大切な思い出を残したいなら利用しよう!前撮りをするときのポイントについて紹介します

大切な思い出を残したいなら、前撮りを利用してみましょう。
前撮りとは、結婚式や七五三などのイベントの記念写真を事前に撮影する事です。
スタジオだけでなく、好きな場所でロケ撮影してもらえるプランが用意してある業者もあります。
前撮りの衣装選びは、ご自分が好きなもの・似合うのがいちばんですが、写真に映えるかという視点で選ぶのもおすすめです。
七五三の前撮りが今人気になっている理由には、余裕がある前撮りのほうが、お子様がぐずったり泣いたりせず機嫌よく撮影に臨んでくれるという事も大きいようです。

前撮りをするなら知っておこう!前撮りとはイベントの何日前からでもOKなの?

前撮りとは、結婚式というイベントの前にドレスや着物姿で撮影を行うものです。
当日は主役である新郎新婦の二人は忙しいこともあり、「気持ちにゆとりがもてるときに撮影をしたい」という新郎新婦の要望が増えてきています。
前撮りを行うにあたり、「いつから申し込みをすればよいのだろう」と疑問を持たれるかもしれません。
基本的にはイベントの前日まで受け付けは可能となっていますが、ベストな時期は結婚式の2か月~3か月前です。
これには理由があり、この時期はまだ、結婚式に向けての準備が本格的なものではないので、気持ちに余裕があるほか、撮影したものを結婚式当日にウェルカムボードや披露宴の演出の一部として使いたい場合にも適しています。
前撮りとは必ずしも、当日に着用する予定のドレスや着物を着なければならないことはなく、ほかのものを着用することもできるので、たくさんの衣装での撮影を望んでいる新郎新婦にとっても最適なものとなっています。

結婚式の前撮りをすることのメリット

結婚写真は挙式当日にも撮影できますが、最近は挙式前に前撮りをするケースも増えています。
前撮りを考えているなら、そのメリットも知っておきましょう。
まず、挙式当日では忙しさもあり、撮影時間も限られています。
それゆえ、急いで撮ると表情やポーズが固くなってしまう可能性もあります、その点、前撮りでは急ぐことなく撮影に専念することができます。
リラックスした良い表情を残せるのも良いところです。
スタジオ内だけではなく、思い出の場所や人気スポットなど屋外での撮影ができるのもメリットといえます。
時間に余裕があるので、ヘアメイクや着付けに時間を掛けられるのも利点です。
このほかでは、挙式当日とは違う衣装を選ぶこともできるので、アルバムがより華やかになることも期待できます。
実際に衣装を着けて動くことができるので、結婚式のリハーサル替わりになるのも人気の理由といえます。
ペットと一緒に撮るなど、挙式当日では難しい撮影ができるのも前撮りの良いところです。

満足度の高い前撮りができるスタジオ選びのポイント

様々なシーンにおいて、前撮りをする事でそのイベントに集中できるというメリットがあります。
さらに前撮りであれば時間をかけて撮影をすることが出来ますので、思い通りの写真に仕上げることも出来ますしカット数もかなり多くすることも出来ますのでその中から理想の写真を選べるというメリットもあるでしょう。
ちなみにスタジオ選びのポイントとしては、第一にデータの受け渡しがどうなっているかは要確認です。
というのもプリント注文したものやアルバムを購入する際に、そこで選んだ写真しか購入出来ないというところも有るからです。
意外と知られていないかもしれませんが、データをすべてもらえるというケースは少ないので、その点は事前にチェックしておきましょう。
また仕上がりに関しては、公式サイトなどを閲覧すると、今まで前撮りをした方の写真が出てきたりしますのでそれを参考にしてイメージする事をお勧めします。
イメージ通りの所を選ぶと満足度も高くなります。

前撮りをする際の予約とスケジュール

七五三などのイベントで前撮りをするのであれば、まずは早めに予約を入れる事をお勧めします。
七五三はお参りの日程が大体皆さん近いですし、その行事周辺の土日は混みあうことが想定されます。
しかし早割というサービスがあったり、後から撮影をするというパターンも選択出来ますので少しずらす事でゆっくりと前撮り出来たり衣装も自由に選べたりするメリットがあります。
スケジュール的には、別日にするのが理想ですが七五三であれば11月付近にすると高くなったり混みあったりすることを考慮して組んでいくと良いでしょう。
料金の確認ですが、基本的にお子さんの撮影の場合は撮影料金があり、衣装レンタルは無料の事が多いです。
あとはプリントする写真の料金かアルバムを作る場合はその料金がかかります。
データに関しては、プリント分かアルバムで選んだ写真の分だけしか購入出来ないところも結構多いので、その点は事前に確認をしておくと安心して利用出来ます。

著者:尾花勝彦

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
最近、結婚式の前撮りを行いました。
ここでは集めた情報をまとめていきます。
横浜 前撮り